透明感のある白さが特徴

透明感のある白さが特徴

神経のない歯は根元を中心にグレーがかったように変色してしまってましていますのです。この変色はホワイトニングでは白くなるわけがなくなったので、オールセラミックでの治療が有効です。次のように、審美性に非常に優れているところがオールセラミックの最大のメリットです。オールセラミックとは、金属を全く使わない陶器素材で作られた歯の詰め物や被せ物で、透明感のある白さが特徴です。二次カリエスになると金属を外して再治療となってくるでしょう。そして二次カリエスは再発を繰り返す可能性が高いので、最終的には歯を失ってしまうことになりかねません。この二次カリエスを防ぐためにはセラミック治療が有効です。透明感のある白さのため、口を開けたときや笑ったとき、銀歯みたいに目立ちません。周りの歯と馴染むような色合いで作製されてしまうので、天然歯に近い白さが再現させられることから周りの歯と調和し、美しく自然な口元を作り出してもらうでしょう。金属と歯は密着性がやや劣り、唾液などが少しずつ入り込んで接着剤を溶かしていくことにします。そこにできた隙間に虫歯菌が入り込み、内部で虫歯が進行します。特に神経を取った歯は痛みを感じないため自覚症状がなく、定期検診などで発見させられるケースがぜんぜんです。金属の被せ物や詰め物は見た目ばかりがデメリットとして挙げられますが、それ以上にデメリットとなりますのが「二次カリエス」です。二次カリエスとは、虫歯治療を行った歯が再び虫歯になることを言い、金属を使った詰め物や被せ物でよく起こります。

page top