オールセラミックは素材上変色しません

オールセラミックは素材上変色しません

オールセラミックは素材上、変色してもない。前歯の治療の場合、保険適用でも白い素材の被せ物ができますが、素材がレジンというプラスチックです。また、裏側と内部には金属を使用します。オールセラミックは金属を一切使用しません。つまり金属アレルギーの心配がないことも大きな特徴です。また金属の被せ物を使った場合、歯ぐきの黒ずみがよく見られますが、こちらは経年劣化で起こる現象です。年数とともに接着剤が唾液などの影響で徐々に溶け、その後金属がイオン化して歯ぐきを黒くしてしまってましていますのです。レジンは傷つきやすく、年数が経つにつれ変色し、黄ばみが強くなってくるでしょう。周りの歯と比べて変色が目立ち、また歯ぐきとの隙間も出てくるため3〜5年ほどで作り替えが必要になっておりきます。それに対しオールセラミックは傷つきにくく変色していかなくていくなったので、黄ばみや変色の心配がありません。歯との密着性も優れており、歯ぐきとの隙間ができにくいので、良い状態を保つことができます。特に前歯の場合、保険適用の被せ物は裏側と内部に金属が使われているので、歯ぐきの黒ずみが目立ってしまいます。オールセラミックはその名のとおり、内部も全てセラミックで出来ているため、年数が経っても黒ずむ心配がないです。特に前歯は目立つ場ところということで、オールセラミックのメリットが生かされてしまうでしょう。

page top